玉の話

 三島由紀夫の『午後の曳航』は残虐な少年の主人公が出てくる為か神戸連続児童殺傷事件と結び付けられたり、何かと物議を醸す作品であるようだ。自室の覗き穴から隣室で母が夜な夜な営む性行為を監視する少年と、母の相手の男といった三人の登場人物をオイディプス的見方をすることも可能だろうが、私は映画版の『午後の曳航』のあるシーンが気になって仕方がない。

 少年は冒頭シーンで、夜中に友人たちと家を抜け出しポルノ画を見るのだが、翌朝に母によって昨晩の外出を咎められ外出先での出来事を執拗に詰問される。詰問後に少年は朝食の玉子を握り潰し目玉がアップされるのだが、これはまさにバタイユ的と言えるのではないだろうか。その後のシーンでも、母の性行為を覗く度に少年の目玉はアップになるが、これは玉子(œuf)と目玉(oeil)は金玉(couille)の連想をさせ、少年は母に自身の性の目覚めを咎められたことで自らの"金玉(oeuf)"を握り潰し、また母の性行為を覗く度に"金玉(oeil)"をパンパンに膨らますのだ。この分かり易すぎるほどの明確な連想ゲーム的比喩はこの映画の、そして三島の魅力である。

 更に、明確な比喩は他にも、母が航海士の男と出会うシーンでは、船内のタービンは幾度も蒸気をあげ、ピストン運動をする機器まで映し出される。そしてその後、母は男に「出会った時から恋に落ちていた」と打ち明けるのだ。勿論それぞれが何を示すかは言うまでもない。

 三島の『午後の曳航』を、少年が母の恋人を殺す話などと読んではならない。この作品はそんなところよりも連想ゲーム的な分かり易すぎる比喩が問題であり、そのやり過ぎとも言える比喩こそが魅力なのである。

 三島作品は、バタイユの言うような「エロティシズムの死への邁進」を体現化したものが多いが、これは文学という芸術であり、彼の美学の体現化でもある。武田鉄矢はエロティシズムと死の分離が出来ない若者を否定し、神戸連続児童殺傷事件はそのような少年によって起こされたと主張するが、エロティシズムと死の分離は必要がない。ただ、その素晴らしき感性を実際の殺人ではなく、如何なる芸術活動に変換出来るかが大切であり、変換しやすい世の中を作るべきなのである。その為にも学校教育における思想の押し付けの独裁的な読書感想文や作文というものを辞め、なんとも馬鹿馬鹿しい熱血教師のお涙頂戴な「学園ドラマ」から我々は解放されなくてはならないのだ。紙の上である限り、何を書こうと私たちは自由である。少なくとも個人が人に見せることもなく自分のために書く限りは。

午後の曳航 (新潮文庫)

午後の曳航 (新潮文庫)

午後の曳航 [DVD]

午後の曳航 [DVD]

マダム・エドワルダ/目玉の話 (光文社古典新訳文庫)

マダム・エドワルダ/目玉の話 (光文社古典新訳文庫)

エロティシズム (ちくま学芸文庫)

エロティシズム (ちくま学芸文庫)